Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

Shabaka Hutchings

ナイルの肥沃な黒い大地の子どもたちは、ジャズを再び熱狂のダンス・ミュージックへと変えた!

Sons Of Kemet / Lest We Forget What We Came Here to Do / 2015年サンズ・オブ・ケメット / レスト・ウィ・フォゲット・ホワット・ウィ・ケーム・ヒア・トュ・ドゥ / No,2087 きょうもシャバカ・ハッチングス率いるサンズ・オブ・ケメット。

名門インパルスから堂々のリリース! “ オマエの女王は爬虫類だ ” サンズ・オブ・ケメット

Sons Of Kemet / Your Queen Is A Reptile / 2018年サンズ・オブ・ケメット / ユア・クイーン・イズ・ア・レプタイル / No,2086 UKジャズの台風の目 “ サンズ・オブ・ケメット ” ついにその実力を名門レーベル・インパルスが認めた。

サウスロンドン夜の種族、サンズ・オブ・ケメット見参 !!!

Sons Of Kemet / Burn / 2013年サンズ・オブ・ケメット / バーン / No,2085 先週マカヤ・マクレヴンの名前出たし、今週はサウス・ロンドン。そしたら、この人たち出さないわけにいかんでしょ!サンズ・オブ・ケメット。

ほとんど原型をとどめないアヴァンギャルドな Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band / 週末コンフォート

Various Artists / A Day In The Life: Impressions Of Pepper / 2018年ヴァリアス・アーティスト / ア・デイ・イン・ザ・ライフ : インプレッッションズ・オブ・ペッパー / No,2074 おもしろいアルバムがあったんで、週末コンフォート。

ヒップホップ+スピリチュアル・ジャズ+ビート・ミュージック = 現代の “ アガルタ ”

// Makaya Mccraven / Universal Beings / 2018年マカヤ・マクレヴン / ユニバーサル・ビーイングス / No,1209ジョエル・ロス参加作をもう一枚。これはまた、毛色の変わったマカヤ・マクレヴンのアルバム。マカヤ・マクレヴンは、ドラマーにしてビート・メー…