Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

圧巻は、 “スーパー・マリオのテーマ ”、身も心も、歌って踊る!プロデュースはクインシー・ジョーンズ。

Alfredo Rodriguez&Pedrito Martinez / Duologue / 2019年
アルフレッド・ロドリゲス&ペドリート・マルティネス /デュオローグ / No,1184

f:id:kingt4nikola:20190702201714j:plain

前回、前々回と登場したドラムのマイケル・オリヴェラが在籍していた
バンドのリーダー、ピアノのアルフレッド・ロドリゲスのデュオ。

 

kingt4nikola.hatenablog.comお相手のペドリート・マルティネスはパーカッショニスト。
しかし、ただのプレイヤーではなく

身も心も、歌って踊る- Deeply Rumba
パーカッショニスト、ヴォーカリスト、ダンサーとしてティンバ、ルンバ、M-Bass、ジャズなどのグルーヴセッターとして活躍し、2000年代のニューヨークのグルーヴを変えたペドリート・マルティネス。過去20年、ペドリートがNYのミュージシャンに与えたインパクトは計り知れない。スティーヴ・コールマンからウィントン・マルサリスそしてディープ・ルンバ、ジェルバ・ブエナといったバンドでの活動のことをいっているのではない。キューバからNYへ進出し、地元のレストランでルンバのパーティーをオーガナイズし、さらにヴィレッジのZinc Barで毎週木曜の深夜、ルンバ・ナイトを主催。このZinc Barのイヴェントは、現在ペドロの同僚であるロマーン・ディアスに引き継がれている。最近はファンタナメーラというキューバレストランでのセッションを開催。アクセル・トスカが参加するトリオや、現在のペドロ・グループの演奏が楽しめる。こうしてペドロはNYの夜にルンバを仕込み続けてきた。

という、偉大なマルチ・タレント。
ダンサーというだけあって佇まいがカッコいい  ↓ (右のひとね)。

f:id:kingt4nikola:20190702204257j:plain


なかなか、楽しいアルバム。
さすがクインシーの秘蔵っ子ロドリゲス。
ポップさと高度な技が高次元で両立してる。

クインシーに敬意を表してかマイケル・ジャクソンの “ スリラー ” も披露。
圧巻は、 “スーパー・マリオのテーマ ” これ最高に楽しい。

理屈抜きで踊ればいいアルバム。
動画を観れば、一層楽しい!

Producer, Percussion, Vocals, Arranged By – Pedrito Martinez
Producer, Piano, Keyboards, Vocals, Arranged By – Alfredo Rodríguez

かっこいいぜ、2人とも!


Alfredo Rodriguez & Pedrito Martinez - Duologue - 2/26/2019 - Paste Studios - New York, NY


☆☆☆ ジャパンが世界に誇る名曲!“スーパー・マリオのテーマ ”  ↓


Super Mario Bros. in a Cuban Timba Style by Alfredo Rodriguez

 

Duologue

Duologue

  • Alfredo Rodríguez & Pedrito Martinez
  • ラテンジャズ
  • ¥1500

 

アルフレッド・ロドリゲス & ペドリート・マルティネス / デュオローグ (Alfredo Rodriguez & Pedrito Martinez / Duologue) [CD] [Import] [日本語帯・解説付]

アルフレッド・ロドリゲス & ペドリート・マルティネス / デュオローグ (Alfredo Rodriguez & Pedrito Martinez / Duologue) [CD] [Import] [日本語帯・解説付]