Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

“ Blue Note ” 第二弾は、ポストロック、エレクトロ、ミニマルそしてジャズのハイブリッド / ヤロン・ヘルマン

Yaron Herman / Y / 2017年
ヤロン・ヘルマン / ワイ / No,1311

f:id:kingt4nikola:20191106135322j:plain

ヤロン・ヘルマン、Blue Note 第二弾!

今度は、ちゃんとBassも入ってる。
ピアノ・トリオにヴォーカルを加えたスタイルだけど、電子音や後処理効果も加えられているし、ベース音も重低音で今風だ。

 

「オレのピアノを聴け!」ではなく、歌ものあるいは、より楽曲を推してゆきたいといった意思が伺える内容。

Blue Noteも度量が広くなった。
こんなハイブリッドなアルバムが、ブルー・ノートから生まれてくるなんて。
しかも、イスラエル出身のヤロンから、こんなサウンドが飛び出してくるなんて。
いろんな意味でジャズの多角化、世界言語化の現れだろう。

それを、強力に推し進めるのが、他でもないブルー・ノートということ自体が、いまのシーンの隆盛を物語っている。

ジャズ村以外の人にもおすすめしたい今の音だ。


Piano - Yaron Herman
Bass -  Bastien Burger
Drums - Ziv Ravitz
Vocals - Hugh Coltman
Vocals - Dream Koala
Vocals - M   


Yaron Herman - Saisons Contradictoires (Studio Session) ft. -M-


Yaron Herman - The Waker - Studio Session ft. Hugh Coltman

Y

Y

  • Yaron Herman
  • ジャズ
  • ¥1600
Y

Y