Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

ジャズと大いに関係ありそうなビヨンセ - ホームカミング : ザ・ライブ・アルバム / 年末コンフォート

Beyoncé / HOMECOMING: The Live Album / 2019年
ビヨンセ / ホームカミング: ザ・ライブ・アルバム / No,1365f:id:kingt4nikola:20191229203904j:plain

年末コンフォート、きょうもジャズを離れる。

年末の大掃除が、これ流してると捗りそうなビヨンセのライブ盤。
しかし、知れば知るほどこれは、チャラいアルバムではない。

 

昨年のアメリカの野外音楽フェスティバル ”コーチェラ・フェスティバル ” でのライブ・パフォーマンスの音源がこちらのアルバム。

なんと、それは大勢の管楽器と打楽器による学生マーチングバンドを率いてのものだった。

このライブは、2018年を代表するというより、アメリカのポピュラー・ミュージックの歴史の中で、かなりエポックメイキングな出来事であり、その映像そして音源であるこのアルバムは、歴史的一枚といえる代物だ。

実際  ↓ 

約2時間のステージはライブストリーミングで45万人以上が同時視聴し、YouTubeで生配信された音楽フェスの中で歴代最多の視聴者数を記録したという。見る者を楽しませるだけでなく、随所にブラックカルチャーを体現するメッセージを散りばめたステージは海外メディアで「歴史的偉業」とまで評されている。

もう、説明が長くなるので、↓  こちらを読んでください。


ビヨンセは、その圧倒的なボーカルの力&ライブのプロデュース能力で、

アメリカのポピュラー・ミュージックの歴史と、その社会的な背景。
それから、黒人の歴史と教育の意義。

それらを、コーチュラ・フェスというアメリカでもっとも注目を集めるフェスで、一気に総括して観せてくれた。

オイラ、たまたまネットフリックスお試し無料期間で、観てぶったまげた。

じつは最近まで、ビヨンセが亭主のジェイZと二人で作ってるPVとか観てうげっ!
と思ってたくちだったんだけど、これを観るなり、

もう ビヨンセすげ!ビヨンセすげ!ビヨンセすげ!

と目からウロコが8枚くらい落ちた。

みなさんにも、ぜひこのライブは観ていただきたいが、映像からは目が離せなくなるので年末の大掃除のお供には、この音源をどうぞ。


Beyonce | Homecoming The Live Album


『HOMECOMING ビヨンセ・ライブ作品』予告編 - Netflix [HD]

HOMECOMING: THE LIVE ALBUM

HOMECOMING: THE LIVE ALBUM

  • Beyoncé
  • ポップ
  • ¥2852

 

HOMECOMING: THE LIVE ALBUM [Clean]

HOMECOMING: THE LIVE ALBUM [Clean]

  • 発売日: 2019/04/17
  • メディア: MP3 ダウンロード