Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

甘く切なくも気だるい21世紀のビリー・ホリデー、マデリン・ペルー!

Madeleine Peyroux / Careless Love / 2004年
マデリン・ペルー /  ケアレス・ラブ / No,2018f:id:kingt4nikola:20200116162228j:plain

“ ザ・パッション・オブ・チャーリー・パーカー ” 参加ヴォーカリスト・シリーズ。
きょうはこの人、マデリン・ペルー。

 
じつは彼女、キャリアの始まりはストリート・ミュージシャン。
そんなこともありの、このジャケットなのかも。

甘く切なくも気だるい歌声は、みょうにノスタルジックな気分にしてくれる。
このアルバムを手がけたプロデューサーは、ラリー・クライン。
ジョーニ・ミチェルの元夫でもあり、女性ヴォーカリストのプロデュースに定評があるひと。

週末の午後、早い時間からこれ流してワインでも飲んでみましょうか。
そんな、気分にしてくれるアルバム。

ピーター・バラカン先生もおすすめの一枚。


Don't Wait Too Long - Madeleine Peyroux


Careless Love - Madeleine Peyroux

Careless Love

Careless Love

  • マデリン・ペルー
  • ジャズ
  • ¥1935
Careless Love

Careless Love

  • アーティスト:Madeleine Peyroux
  • 出版社/メーカー: Universal Jazz
  • 発売日: 2004/10/25
  • メディア: CD