Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

ソウルファンもジャズファンも手を出しづらい、もったいないアルバム / ニコラス・ペイトン

Nicholas Payton / Bitches / 2011年
ニコラス・ペイトン / ビッチィーズ / No,2031

f:id:kingt4nikola:20200130060948p:plain

ニコラス・ペイトンの締めくくりは、
やはり極め付きこのアルバムでしょう “  Bitches ” 。

 
これも問題作。ペイトン、ちょびっとしかトランペット吹いてない。
もろ、ヴォーカル・アルバム。

もちろん本人、歌ってる。
そして、そのほかヴォーカリストのラインナップが、
エスペランサ・スポルディング、エンダンビ、
サンダース・セルモンズ、カサンドラ・ウィルソン、チャイナ・ブラック。

はなからジャズを聴かそうと思ってないね。
作詞作曲、キーボード、ドラム、ベースを演奏してる。
これも彼の唱えるBAM。

こんな極端なアルバムの存在もあって、ジャズアルバムの中にボーカル曲を取り混ぜてゆくのは今や普通になってきた。

この10年でジャズの捉え方は、随分変わってきた。
これからさらに、それは加速するんだろうね。

Vocals, Synthesizer, Drum Machine, Trumpet, Keyboards, Bass, Flugelhorn, Percussion, Piano, Organ, Written-By, Producer – Nicholas Payton
Vocals – Esperanza Spalding
Vocals – N'Dambi
Vocals – Saunders Sermons
Vocals – Cassandra Wilson
Vocals – Chinah Blac
Recorded By – Mark De Clive-Lowe


Nicholas Payton ft. Esperanza Spalding - Freesia


Esperanza Spalding, Bilal & Nicholas Payton Perform "Someday We'll All Be Free"

 

Bitches

Bitches

  • ニコラス・ペイトン
  • R&B/ソウル
  • ¥1528
BITCHES

BITCHES

  • アーティスト:NICHOLAS PAYTON
  • 出版社/メーカー: IN + OUT
  • 発売日: 2011/12/20
  • メディア: CD