Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

レスター・ボウイの悲しい叫びが胸を突く16分50秒、あの名曲 “ ザ・グレート・プリテンダー ” / 週末クワイエット

Lester Bowie / The Great Pretender / 1981年
レスター・ボウイ / ザ・グレート・プリテンダー / No,2032

f:id:kingt4nikola:20200201071747j:plain

月曜日のコーリー・ウィルクスの回で、レスター・ボウイについてちょっとだけ触れたので、きょうの週末クワイエットはレスター・ボウイの名作 “ ザ・グレート・プリテンダー ” をお届け。

 
クワイエットと言えるか微妙だけどECMだし、その詩情は十分にクワイエット認定。

アルバム・タイトルは、1曲めのタイトルからきている。
ザ・プラターズの名曲、そしてあのフレディ・マーキュリーもカヴァーしたことでも有名だ。

静寂な中から浮かび上がるレスター・ボウイのトランペット。
オドケてるような酔っ払ってるような、はしゃいでいるような泣いているような、16分50秒におよぶ大作だ。

この物悲しい恋の唄が、人生をも唄っているように痛切に胸をつく。
ぜひ一度、この曲の歌詞を読んでみてほしい。

オイラは、この曲を聴くたびに地元のアーティスト MHさんを思う。
ジャケットのブルーと相まって、彼の表現する世界ととても重なるのだ。

MHさん、この曲をカヴァーして唄ってくれないかな。
相棒にトランペット吹きもいるし。
意外ともうやってたりして。

Trumpet – Lester Bowie
Baritone Saxophone – Hamiet Bluiett (tracks: 1)
Bass – Fred Williams
Drums – Phillip Wilson
Piano, Organ – Donald Smith
Vocals – David Peaston (tracks: 1), Fontella Bass (tracks: 1)

↓ 動画は、ちょっとアルバムとは雰囲気違うけど、これしか見つからなかった。
(なんとターンテーブリストもいるし!)


The Great Pretender

The Great Pretender

The Great Pretender

  • レスター・ボウイ
  • ジャズ
  • ¥1630
Great Pretender: Touchstones Series (Dig)

Great Pretender: Touchstones Series (Dig)

  • アーティスト:Lester Bowie
  • 出版社/メーカー: Ecm Records
  • 発売日: 2008/10/28
  • メディア: CD